循環器,消化器,脳・神経,小児,理学療法,画像診断など,医学専門書と家庭の医学書の株式会社ヌンクです
お問い合わせヌンクホーム
clear

家庭の医学

「めまいがする」「腰が痛い」「微熱が続く」「手がしびれる」など,緊急性はなさそうだけど心配な症状はありませんか?

株式会社ヌンクでは,そうした不安を解消していただくために,いろいろな方向から人の病気にスポットを当てて,その対処法も視野に入れながらわかり やすく説きあかします.大したことのなさそうな症状の中にとても怖い病気が隠れていることがあります.手遅れにならないうちにしっかりした知識をとりこん でいただければ幸いです.また,大人の縮尺ではないお子様の病気やちょっとした心配事などにも気を配って参ります.

新刊・近刊のご案内

医学書の新刊・近刊はこちら

新刊脳卒中─専門医が説き明かす 病気の前兆・急性期対処法・予防法

2017年7月28日発行
著:星野晴彦(東京都済生会中央病院院長補佐 脳卒中センター部長)
脳という単一臓器の血管の病気が「ヒト」の生命活動のすべてに重大な影響を及ぼします。その血管が詰まったり破れたりして損傷されてしまった部分の脳の機能は回復しません。

損傷を軽くするためには問題の起きた血管をできるだけ早く修復してあげることが大切で,現在すでにいくつかの有効な治療法が開発され,臨床実施され,成果 を上げつつあります。しかし,対処できない病状については生命を維持するのが精いっぱいで,高次脳機能の回復には無力です。

脳の血管が詰まったり破れたりする前に,その危険因子を取り除くことが最も簡単で,最も安全な方法です。しかも,それは各個人が日常生活の中でほんの少し注意すればできることなのです。

著者よりひとこと
脳卒中とはどんな病気なのか? どうして起こるのか? その特徴的な症状や対処法(どんな治療をするのか? 予防するための注意点)などをできるだけわかりやすくまとめてみました。
この病気を経験した方の再発予防にまず大切なのは,この本の中でも繰り返し述べてきたような危険因子の厳格なコントロールです。高血圧・脂質異常・糖尿病のコントロール禁煙そして節酒は必ず徹底する必要があります。
この本はその名のとおり「脳卒中」の本ではありますがひろく健康でいるためのさまざまなヒントにも配慮したつもりです。折につけ繙いていただき今後の皆さんの健康維持に少しでも役立てていただけたら幸いです。

弊社へ直接ご注文全国の書店頭にてもご購入いただ けます
アマゾンへご注文上のボタンを押すとAmazon の商品サイトに移ります.
clear
前書と目次

新刊“改訂増補” きみの いのちの『証』に

2018年発行予定
監修:佐々木征行(国立精神・神経医療研究センター小児神経科部長)
文:ありむら有(記者)

ご好評いただいた

きみの いのちの『証』に

がさらに充実して帰ってまいります。

只今取材検討中。





clear
clear

新刊順天堂式無痛分娩 Q&A 50

2015年11月25日発行
監修:竹田 省(順天堂大学医学部産科婦人科学講座主任教授)
執筆:板倉敦夫(産科教授),角倉弘行(ペインクリニック教授),星子英子(助産師長)

諸外国では一般的に行われている無痛分娩ですが、日本ではまだ十分に普及していません。その理由として日本では「お腹を痛めて産んだ赤ちゃん」のよ うな表現が用いられるように、分娩時の痛みを乗り越えて赤ちゃんを産むことを美徳とする風潮やそのことがより良好な母児関係を築くという思い込みがあるこ とが指摘されています。このため日本で出産される多くの女性が、その良さを知らずに分娩時の痛みに耐えている一方で、海外で出産される日本人の多くが無痛 分娩を選択し、それでも変わらず良好な母子関係を築いている事実があります。

                         監修者「まえがき」より

「24時間いつでも快適で安心できる分娩」を目標に,産科医・麻酔科医・助産師がひとつになって,妊婦さんの感動的な出産体験を力強くサポートしま す。

・陣痛の原因は?
・計画分娩ってどんな方法?
・無痛分娩って本当に痛くない?
・赤ちゃんに悪い影響は?
・無痛分娩のリスクは?
・費用はいくらかかりますか?
・などなど 全部で50問

妊婦さんだけでなく,生まれてくる赤ちゃんの安全のためにも,ご一読をお勧めします。


弊社へ直接ご注文全国の書店頭にてもご購入いただ けます
アマゾンへご注文上のボタンを押すとAmazon の商品サイトに移ります.
clear
前書と目次

新刊“あし”の静脈瘤は手術 した方がいいんですか?

2015年4月10日発行
著:杉山 悟(広島逓信病院 外科部長)
上のカバー画像 をクリックすると「まえがき」と「もくじ」がご覧になれます。

・足が疲れやすい
・見た目が悪い
・立っていると足が棒になる 足が腫れる
・こむらがえり(足がつる)
・かゆい
・熱感がある 冷え症である
・生理の時に痛い
・膝が痛い 腰が痛い
・なんとなく違和感がある
・血栓が詰まるのが心配 突然死すると言われた
・急に静脈瘤のところが硬くなって押さえると痛くなった
・血管に沿ってチクチク痛む 静脈瘤が出血するか心配
・肌の色が茶色に変色してきた
・傷ができて治りが悪い

こんな悩みで困っていませんか? これらみんな静脈瘤につながっています。年を取ると自由が利かなくなるとはいえ,少しでも自由に動けるように足の 健康に積極的に取り組むことが「若さを保つ秘訣」なのです。

あしの静脈瘤に関するさまざまな悩みに,静脈の専門医が丁寧にお答えします。


弊社へ直接ご注文全国の書店頭にてもご購入いただ けます
アマゾンへご注文上のボタンを押すとAmazon の商品サイトに移ります.
clear
clear

きみの いのちの 『証』に

2010年9月29日発行
監修:佐々木征行(国立精神・神経医療研究センター小児神経科部長)
文:ありむら有(記者)

たった1年の人生のたった3日間の家族との生活.その丸い背中で懸命に頑張った「ゆきちゃん」...

ある日突然,全身の力が抜けてみるみる衰弱する中で,家族の厚い愛情に支えられながら在宅生活に取り組んだ「ゆうちゃん」...

6歳までは元気でひょうきんな男の子だった「あっちゃん」.SSPEと診断され,あと半年のいのちを宣告されながら,穏やかなお父さん,優しいお母 さん,仲好しのお兄さんと22年の生涯を生き抜きました...そして,

難しい代謝系の病気で正常な発達は望めないとされながら,水泳が大好きでプールはも ちろん海水浴も楽しみ,富士山五合目まで行ったり,フェリーに乗って北海道までドライブしたり,さまざまな経験を積み重ねて,今も少しずつ成長している 「あきらくん」.

わが子の苦しみを前に究極の選択を迫られる親の苦悩と,ちょっとした反応にも心躍らせてわが子の命を感じる親の喜びを,淡々とした語り口で掘り下げ ます.根底にある『この子の幸せのために』『親として何ができるか』をぜひ読みとってください.


申し訳ありません。
只今品切れです
clear
前書と目次

新刊腎臓って なぁに?

2016年7月6日発行
編著:上村 治(日本赤十字豊田看護大学専門基礎臨床医学 教授)ほか

前半では,慢性腎疾患を持つお子様(小・中学生)が自らの病気のことを知るための「やさしい腎臓病の知識」を,親しみやすいイラストを交えてわかり やすくお話しします。

「自分の病気がどんなものなのか」……正しい病識を持つことで,症状への対処や治療への心構えの根拠となり,療養生活にも積極的に取り組むことがで きるようになります。

後半では,病気を持つお子様のご家族のために,「医療制度の問題点」「介護や養育のための情報(保険やライフプランニングなど生活上の情報)」「移 行支援について」など,実情に即した内容を専門家が具体的に説明します。

特に,青年期以降の患者さんが医療者と相談しながら自分自身で治療方針を選択できるように,患者・家族双方に有益な情報を盛り込みました。

慢性疾患を持ちながら独り立ちしていく患者さんの支えとして,お子様を大切に思いその治癒を心から願っているご家族および医療者からの熱いメッセー ジとして,お役立ていただきたい一冊です。


弊社へ直接ご注文全国の書店頭にてもご購入いただ けます
アマゾンへご注文
上のボタンを押すとAmazonの商品サイトに移ります.
clear
clear
clear